Nakanoまる

記事一覧(12)

福岡でのライブ

来月の、5月24日と26日に生まれ育った故郷、福岡でライブがあります!『とっても明るい未来』のMVにも快く出演していただいた西村さんのバンド、シュノーケルさんと、レーベルの社長であり、『笑う女の子』のMVにも出演していただき、世界で一番愛があるかもしれない、つるうちはなさんに、お誘いいただき帰った来たよ!福岡ライブが実現しました。泣しかも、福岡時代に高校生のときライブを観に行ったドラムグループのライブハウス『 DRUM SON』です。本当に、お話をいただいたときは身震いしました、、、それと、実はこの日誕生日なんです。笑 年齢は、一応非公表です!笑なんだか、運命なんていったらとんだロマンチストみたいになるので嫌なのですが、運命だなって思いました。嬉しい!福岡でのライブは、前回のアルバム『MOM』を発売した時の、福岡パルコタワーレコードでのインストアライブ以来になります。ライブハウスでのライブは、どんぐらいだろう、、2年ぶりぐらいになります。こうやって、東京でであった皆様と福岡でもライブをすることができて(シュノーケルさんは、初めての共演)本当に嬉しいです。東京に上京してもう7年ぐらいになります。たった一人で始めた音楽も、いまは一緒に演奏してくれる仲間や、聞いてくれる方が少しづつ増えていって、みんなで大好きな音楽を楽しめているのかな、なんて思います。まだまだ、これから、、、!ぜひ福岡ライブお待ちしてます!!!!!明太子大好き!(毎回絶対明太子買って帰ってます。)あと、牧のうどん!牧のうどんで育ちました。

『とっても明るい未来』について

Nakanoまるです。3月21日に公開されました、『とっても明るい未来』のMVについて、もう少しだけ伝えたいことがありこちらに書こうと思いまして。まず、最初に自分の率直なコメントからーーーーーーーーーーーーーーーーーーー今回のMVはかつてない世界観に包まれています。テーマは、『あの世』なのですが、こんなにポップなあの世はなかなかないと思います。(行ったことないですが。)この曲は、みんなが幸せになる道をそれぞれ気兼ねなく行きましょうという曲です。MVの最後に私が消えてしまうシーンがあるのですが、【『あの世』から脱出する】ことこそが『とっても明るい未来』に繋がるのでは、と改めて思いました。とりあえず、生きてればなんかいいことあるよね!ぜひ最後まで、何回もみてください!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー生きてればなんかいいことあるよね!が大事です笑そして、この作品に携わっていただいたたくさんの才能あふれる皆様本当にありがとうございます。改めて、こちらでお礼申し上げます。皆様ーーーーーーーーーーーーーーーー【映像】監督・撮影 森岡千織制作 川村太輔、奥津祐佳子衣装・スタイリング 重宗玉緒小物 HANNAH(シスター社)メイク Asami Horie着付け 福智知子【キャスト】かず(花団)宇佐蔵べに(avandand)西村晋弥(シュノーケル)【音楽】編曲 タカユキカトーディレクション つるうちはな(花とポップス)ーーーーーーーーーーーーーーーーコメントで言っている最後の消えるシーンについてもう少しだけ、、、「消える」ことってネガティブなイメージがあるかと思うのですが。ここは、『あの世』=死後の世界なので、『あの世』=死後の世界『私が消える』=生きるっていう、かなりポジティブなイメージのシーンなのです。もうポジティブ通り越して、「生きる」なんて言葉はかなりパワーワードをいうか、壮大すぎて、当たり前すぎてなかなか口にも出さないんですが。ネガティブ暗い怖い→ポジティブに一瞬にして変わるかなり大事なシーンでした!っていうコメントでした!『あの世』=死後の世界と書いてしまいましたが、曲中ではこんな感じかな『あの世』=お互い思ってる嫌いじゃない、また会いたいほど好きでもないいろんな『あの世』=〜があるとおもいます。このシーン自分が考えたみたいな感じで話していますが、ばっちり森岡監督の案です!笑本当に森岡さんに作ってもらうと、改めて自分の曲に発見があったりしてすごく新鮮です。新鮮だけど、『いいたかったことはそれです!!!!!』となります笑音楽と映像は、本当に別物で、、、でも、本当に製作するのが楽しくてしょうがないです、不安定になって浮いたり沈んだりして、勝手に一人ぼっちな気分になったりするけど、『皆がいる』って安心したりします。このMVも、どこかの一人ぼっちの皆になれたら嬉しいです。ぜひみてください。あと、youtubeにコメントぜひしてね!いいねしにいきます笑Nakanoまる

『ドキ死』2018/12/27配信スタート!

Nakanoまる、約1年振りとなるリリースは映画「ドキ死」主題歌!『ドキ死』12/27に配信シングルとして緊急リリース!昨年11月に発売し好評を博した1stアルバム「MOM」から約1年振りに配信シングル「ドキ死」を12月27日に緊急リリースすることとなりました!今回配信リリースされる楽曲「ドキ死」は、「音楽×映画の実験室」というコンセプトのもと、新進の監督とミュージシャンがコラボレートする映画が多数出品され、2012年からコンペティションを開催している「MOOSIC LAB 2018」(ムージック・ラボ 2018)にて、コンペティション【短編部門】に正式出品された「ドキ死」(監督:井上康平)の主題歌となっています。映画「ドキ死」は、今作が映画初主演となるNakanoまる扮する主人公の「中野 並子」が、人を好きになるとストーカーになってしまうことで起こる出来事を綴った、ちょっぴり可笑しくてちょっぴり切ないラブコメディドラマ。当初、リリースの予定のなかった主題歌の「ドキ死」であったが、作品が好評で広まるにつれ、観ていただいた方からのリリースの要望をいただきました!ありがとうございます。また、映画内でのパフォーマンスが評価を得て、MOOSIC LAB 2018短編部門にて「ベスト・ミュージシャン賞」をNakanoまるが受賞することが発表され、余りの反響の大きさに応える形で「花とポップス」より12月27日に緊急での配信リリースが決定となりました!また「ドキ死」の配信を記念して、配信日の12月27日18:00には、新曲「ドキ死」のプロモーション映像として監督井上康平氏が自ら映画「ドキ死」よりエディットしたショートヴァージョンがNakanoまるオフィシャルサイトhttps://nakanomaru.hanatopops.com/こちらでで公開されます!またリリースに先立ち、12月22日には北参道ストロボカフェにて、弾き語りワンマンライブ 「なかのーまらないショー -ひとりで全然寂しくないver.-」、そして翌日12月23日には新宿Marbleにて、バンド編成でのワンマンライヴ「なかのーまらないショー -みんなで楽しいver.-」を連続開催。是非新曲「ドキ死」も含めてNakanoまるのLIVEワールドを堪能してほしいです!